うきはのじかん|UKIHA TOURISM

民泊

まちの暮らしにとけ込む、うきはの民泊 都会の暮らしから一歩抜け出せば、うきはのゆるやかな暮らしの日常が、あなたをお待ちしています。飾らない一般家庭での滞在は、郷土料理を習ったり、おさんぽしてみたり、農作業の話や地域の歴史をきいたりと、何気ない日常の中にこそ土地独自の暮らしぶりが詰まっています。受け入れ先の家庭とは、一期一会の出逢いの関係だからこそゆっくりとお話ができ、どんな話でも受け入れてくれる家族との会話から自然と元気をもらいます。どうぞ、ここうきはできしかできない旅と暮らしを。

  • 民泊写真1
  • 民泊写真2
うきはの民泊の受け入れについて
うきはの民泊の受け入れについて
 代々その土地でくらしてきた家庭やうきはに移住してきた家庭など、市内の様々な集落に点在しており、ホテルのように画一的ではなく、各家庭には個性があります。  一般の家庭で家族と同じように生活し食事をともにする、家族と同居するホームステイ型がうきはの民泊です。親戚の家にきたように、のんびりとリラックスしておくつろぎください。
うきはで体験出来るコト
うきはで体験出来るコト
 料理体験を中心に、農作業や収穫作業体験、風呂焚きのお手伝いなど、うきは暮らしの日常を体験していただきます。  民家さんのお宅でそれぞれに体験できる内容は異なりますが、どれもゆったりとした時間を感じていただけます。
うきはのご飯
うきはのご飯
うきはの食材でつくった食卓にこそ、地域の特徴が一番現れます。民泊だからこそ味わうことができる野菜の力強さやフルーツの新鮮さ。みんなで作って食べる団欒のひとときも、ごはんをよりいっそうおいしくさせます。
うきは民泊のこだわり
うきは民泊のこだわり
ゲストハウスや大きな民宿とは違い、1日一組限定の受け入れのため、ほかのグループと一緒になることはありません。一人旅や小さな子どもづれのご家族でも、里帰りしたような気持ちで過ごせます。 また、旅行者と受け入れ家庭の双方の間に事務局が入ることで、アレルギー情報や体験内容の希望などを橋渡しすることで、お互いに満足度の高い受け入れ環境をつくっています。 心配ごとがあれば事前にご質問ください。私たちコンシェルジュがお応えします。

ご予約から滞在イメージ

  • お客様より
    サイトよりご宿泊人数、希望日程、希望体験内容をご記入の上、ご連絡下さい。
  • 事務職より
    受け入れ家庭の調整を行い、ご連絡させていただきます。
    その際1〜2日ほど日数をいただく場合がございます。ご了承ください。
  • うきは市到着
    吉井町散策やお店めぐり
  • チェックイン
    待ち合わせ場所で受付。受け入れ先のご家族と引き合わせ。
    民家さん宅へ移動(途中、宿泊中の飲み物の購入)
  • 民家体験
    民家さんと一緒に体験プランの実施
  • 料理体験
    教えてもらいながら、一緒にごはんづくり。
  • 夕食
    家族だんらんの時間。みなさんで作った料理をいただきます。
  • お風呂
    お風呂は民家さんと共同です。
    ※市内には2ヵ所温泉があります。チェックインの前に済ませても構いません。
  • 就寝
    寝室部屋は、民泊ご家族とは別室になります。
    プライベートな空間はございますので、ゆっくりとお休み下さい。
  • 翌日
  • 朝食
    民家さんと一緒に朝ごはん。一日分のエネルギーをチャージ。
  • 9:00頃
    「お別れ」車の場合は玄関で。その他は駅や指定の場所までお送りします。